読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JaSST Tohoku実行委員ブログ

JaSST Tohoku実行委員のあれこれを載せていきます、たぶん、きっと。

JaSST東北おかわり会(07/02)を開催した話

【JaSST東北おかわり会開催】

7/2(土)にJaSST東北おかわり会ということで
丸1日参加者のみなさんとVSTeP漬けになりました。

仙台で土曜開催にもかかわらず、
仙台の人だけでなく、新潟や愛知の人にも参加していただき、
開始早々プレッシャー高まるおかわり会となりました。

 

【おかわり会午前の部】

午前の部は、VSTePの紹介を行いました。

JaSST東北本会のにしさんのようにはできないので
にしさんに感謝しつつ
にしさん講演資料ベースにスライドの順番を入替えたり、
今回対象範囲にしない記載を抜いたり、
補足や途中のまとめを入れたり等させていただき
VSTePの概念や大事にしたいポイントをお伝えすることにしました。

(にしさんにはTwitterで質問のフォローをしていただき、本当に感謝してます。)

 

私には、聞いてるだけだと実際どうやるのか理解しにくいという思いがあります。
どこまで、どの粒度で、はVSTePをやる際、みなさんの悩みどころだと思っています。

JaSST東北本会でも、グループによっては
「詳細に出したまま議論しすぎてしまったため、まとめるのが大変苦労した」、
「粒度がまちまちになってしまい、もやもやした」、
ような話を聞きました。

そのため、午前の部の時点で無茶振りですが、
ざっくり考えてテスト観点出しをするワークや、
そこからテストコンテナを作成するというワークをすることにしました。

ワークでは詳細すぎる観点ではなく、
ざっくりした観点を考えてもらいやすく促そうとしてみたり
VSTePで大事にしたいプロセスをないがしろにした場合に陥る問題の体感をしていただきました。

 

まずは、自分が気になるところを大事にするといい、ということや
どうなると、「もやもや」するのか?
どの部分の理解が「もやもや」していてのか?
など、早く「もやもや」していただけるようにしてみました。

 

午前のワーク時間は超短時間ということもあり、
結果はそれなりに狙い通りになった気がしますが、
実際参加者目線ではどうだったのか気になるところです。
無茶振り以外でも何物でもないので、本当に大変だったと思います・・・。

無茶振りにも関わらず、みなさんのアウトプットはいい塩梅で
本当に助けられたと思いました。

参加されたみなさん、ありがとうございました(><)

 

【午後の部】

午後の部は、JaSST東北本会と全く同じ流れで実施しました。

午前の「もやもや」が晴れて、次なる「もやもや」が生じたようです。

次なる「もやもや」も、まぁそうですよね。と思いつつ、
私たちがよくわからず迷いながらも着実に歩んだ道を
参加者のみなさんは理解しつつ、私たちと違って早足で歩いていただいてるようで、
やってよかったんだろうなぁと実感しました。

 

「もやもや」が残る方もいる中でそれでも最後に、参加者の人たちから
「楽しかった」、「来てよかった」っていわれる勉強会になって
ほんとによかったです。

 

【次なる「もやもや」のために】

私たちは最後まで残った次なる「もやもや」に立ち向かおうと思います。
おかわり会のおかわり会を開くことにしました。

しかし、現状のまま自分たちが変わらないと
「もやもや」は減らないままであることも認識していました。

 

そのため、少しでも自分たちのレベルアップを図ろうと
JaSST東北実行委員は、いろんな「もやもや」解決のため
少しでも期待に応えられるようVSTePの勉強会を独自に開催(7/23)しました。

勉強会の主旨は、分析から、テストケース作成まで一連した流れの体験です。
・詳細設計するために必要なレベルの分析ってどこまでやればいいのだろう?
・コンテナから詳細設計へのつながりってどうやるのだろう?

そんな疑問点が少し晴れる勉強会になりました。

 

おかわり会のおかわり会では、きっと
若干レベルアップした(かもしれない)実行委員に会えることでしょう。

 

【年中おかわり会!?】

おかわり会のおかわり会があるなら、
そのおかわり会も・・・・とすると
1年中おかわり会になるんじゃないの!?、
っていう話もありますが、私はあまり気にしていません。

 

VSTePはテスト開発方法論の1つですが
VSTePが大事にしたいポイントって、テストに限らず
開発、評価問わず業務全般に生かせると思っているので
それが少しでも広まるんであれば、それはそれでいいんじゃないの、と思っています。

 

私含めて、いろんな人の
「楽しい開発」、「楽しいテスト」に
少しでも生かせるならいいですよね。

 

【最後に】

みんなでうんうん唸りながら、手を動かしながら楽しんで勉強できるよう
8/27(土)におかわり会のおかわり会を開きます!

http://tohoku-dev.jp/modules/eguide/event.php?eid=317

おかわり会のおかわり会では、

今回の結果を次回に反映したいと思ってますし、
次回は、異なる「お題」で開催してみようと思っています。

 

VSTePを知らない方はもちろん、
JaSST東北本会やおかわり会に参加された方の中で
異なるお題でやってみたい方はぜひいらしてください。

 

みなさんと一緒に楽しんで勉強できるのを

JaSST東北実行委員会一同、心よりお待ちしています♪ 

                             記:うめつ